ハリと手

電氣のカラダ

人間は電氣で動いています。意外と驚く人が多いのですが、これは紛れもない科学的にも明らかにされている事実です。人間のみならずその事実はすべての生物で確認されいます。生命が育まれる最初の細胞の分化に始まり、その後の成長におけるすべてに電氣の力が関わっています。そして、電氣は再生と治癒にも大きく関わります。

私たちはもはや誰も疑うことなく日常的に電気から多大な恩恵を受けています。しかし、実はまだまだ電気とは何か?ということすら解明されていないと言います。ここで敢えて「電氣」と書いていることにお気づきでしょうか?電気ではなく、電氣、それは単なるエネルギーとしての電気ではなく、その正体は知性をもった”氣”である。それに古くから気づいていたのが中国で生まれた経絡・経穴なのだと思います。

経絡は氣の流れる経路、それが一般的な解釈です。目に見えない氣の通り道を科学で一生懸命に探しても見つかるはずもなく、いつまで経っても信頼性の薄い似非医学のレッテルを貼られて来た、その一つが鍼灸(ハリ)です。しかし、時代は進み、中医学が表していた目に見えないものが次第にその姿を露わにして来たのです。

ファシアという救世主

一般にはまだ浸透しきったとは言い難いこの言葉、数年前からようやく認知されてきた筋膜なるものがあります。筋膜もファシアのひとつ。ファシアは、筋肉のみならず、どんな臓器やその他の身体部位をもラッピングする膜のこと。その各々個別にラッピングされた組織同士を結びつけています。ファシアとは、ラテン語で「結びつける」という意味なのです。

さらに、単なる結合組織としての役割にとどまらず、ファシアは物質を通さず、水も空気も電気をも通さないコンパートメント(区画)としての性質を持っています。そのコンパートメントに沿って経絡が通っていることが近年になり解明されつつあります。そして、ファシアでは電流が生じること、そしてそこに発生した電氣を伝道する性質があることがわかって来たのです。

つまり、そこを流れる電氣を感じ取ることで、ハリを使うことのみならず、人の手で氣の流れを整えることが出来るということなのです。

全体としての部分

臓器ごとにファシアで区画され、それぞれが仕事をこなしています。しかし、臓器個々が単体で機能することは少なく、すべてが調和のとれた共鳴をもってカラダ全体として機能する、これが現代西洋医学が完全に見失っている視点です。

その臓器にはそれぞれ独自の氣があります。東洋医学の根底にある陰陽五行思想に照らせば、ココロとカラダが互いに影響し合う感情的な基盤さえそこにはあると考えられています。そして、それも事実であることが解明されて来ています。そこに大きく関与するのが脳であり、ホルモンです。

まだまだ体内で交わされるメッセージを理解するために用いられるものはいくつもありますが、このような仕組みを丁寧に紐解けば、自ずとココロもカラダも整えられる。そういう時代にようやくなって来たのは人間にとって朗報ではないでしょうか?

ハリと手を受けてみたい

neo Body positiveのプログラムの中で最もカラダに直接的にアプローチするのがこのハリと手です。

鍼灸、マッサージをはじめ、多くの施術を学んできた中で、来られた方それぞれに最適の方法で、すべての入口となるカラダのトリートメントを行わせていただきます。

カラダの不調でお困りで、医療機関に行かれても特に原因めいたものがわからず、症状も消えずという方はご相談ください。

ハリが苦手という方に無理やりハリを用いることは一切ありません。基本的にはこの手でほとんどをカバーいたします。

多くのカラダの不具合は、カラダ由来ではなく、ココロに端を発するものが多いため、お話をお伺いした上でハリと手以外のアプローチがより適していると考えられるようであればアドバイスさせていただきます。もちろん、これもお客様の同意があってのお話なので、こちらから強く押すことは一切ありません。

ご希望の方は、ページ最下部にある申込みフォームよりお申込みください。お申込みいただいた後、弊社より日程などの確認を含めメールにてご連絡させていただきます。

料金と時間

1回の施術時間は60分、前後にお話を伺ったりするのを含め90分ほど見てください。

料金は、¥16,500(税込)です。

*お支払いは、当日の現金のみの対応となります。

お申込みフォーム